大統領の談話室

四国は道後の辺境にある、松山ユースホステル共和国大統領のお話。
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
今市シェアハウス
格安長期滞在!今市シェアハウス
城下町の下宿屋さん♪今市シェアハウス
入居者募集中!!

松山ユースが運営する、格安長期滞在に
最適のシェアハウス。
松山市道後今市にあり、伊予鉄南町電停
から徒歩5分。道後温泉にも松山観光にも
便利な立地です。
愛媛大学・松山大学にも通いやすいですよ!

平野大統領とPS250

まさに問答無用!の「問答無用椅子」

夢のツリーハウス
RECOMMEND
続・未来からの警告(ジュセリーノ予言集2)
続・未来からの警告(ジュセリーノ予言集2) (JUGEMレビュー »)
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース,サンドラ・マイア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
サイレント・パワー―静かなるカリスマ
サイレント・パワー―静かなるカリスマ (JUGEMレビュー »)
スチュワート・ワイルド, 石井 裕之, 橋川 硬児
RECOMMEND
RECOMMEND
たまごとにわとりとプロペラひこうき
たまごとにわとりとプロペラひこうき (JUGEMレビュー »)
山田 耕栄, Peter Horstmann, Marina Horstmann, マリナ ホーストマン, ピーター ホーストマン
RECOMMEND
たまごとにわとりとプロペラひこうき
たまごとにわとりとプロペラひこうき (JUGEMレビュー »)
山田 耕榮, Peter Horstmann, Marina Horstmann, マリナ ホーストマン, ピーター ホーストマン
RECOMMEND
なまけ者のさとり方 PHP文庫
なまけ者のさとり方 PHP文庫 (JUGEMレビュー »)
タデウス・ゴラス, 山川 紘矢, 山川 亜希子
RECOMMEND
神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について
神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
RECOMMEND
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
テロの原因の一つは、エルニーニョが原因の一つだった・・・


文明の崩壊は、我々が30万年前にこの地上に降ろされてきて、既に6回も経験している。
最近のものは、2.5万年前のアトランティス文明の崩壊だ。
原因は、環境破壊が進み、水と食料が不足することにある。
我々は今7回目の崩壊の入り口に居るのだ。
風が吹けば桶屋が儲かるの例えと同じなのだ。

原因はいろいろあるが地球温暖化が激しくなっている。
今までは地球さんが優しかったので、穏やかなる変動で済まされてきたのだ。
しかし、今までは海水がそれも深海水が吸収していた熱が、限度を超えてしまったようだ。
深海の温度異状により、猛烈な台風や温帯低気圧が、頻繁に発生するようになった。
今回のエルニーニョは最強のものらしい。
今後どうなるか心配の一つだ。

さて、過去のエルニーニョで何が起こったのか知っているだろうか。
エルニーニョは世界的な気候変動を起こすのだ。
ロシア、中国で穀物生産が激減して、この二国は大量の穀物輸入国になったのだ。
当然のこととして、穀物は値段が高騰して、世界の食糧事情を一変させた。
経済が弱い国はこの影響をもろに受けたのだ。
国の中でも田舎が影響を強く受けたのだ。
人々は食べれないので都市部に集まるしかなかったのだ。
そうすると、主食のパンや肉が高騰したのだ。
値段が何倍にもなったのだ。
そうして無策な政府に対して、抗議がはじまったのだ。
それが民衆の暴動と発展した。
政府側と反政府側の対立になり、内戦が始まった。
今の北アフリカ中東の紛争の原因は食糧不足なのだ。
結果国に住めなくなり、難民たちはヨーロッパに大移動中が今の現象だ。

温暖化の原因の大半は先進国にあると考えている組織は、強大なる先進国へ戦いを挑んでいるのだ。
命がけの戦いが続いているのだ。
戦前強大なるアメリカに挑み、最後は特攻という手段しかなかった、先人たちの行動と同じなのだ。
というお話でした。

                                平野大統領

 
| 環境 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
腐敗しにくい日本人の死体・・・


いろいろな話を聴いていると、葬儀屋さんの話では、遺体の冷却に使うドライアイスの量が、20年前と蔵へて半分の量でいいという。
スマトラ島の大津波で遺体の収容に当たった人々の話は、遺体の状態を見ると日本人は直ぐにわかるという。
遺体の傷みが少ないのだ。
どうも我々日本人は、腐りにくい身体となっているようだ。
環境浄化活動をしていた20年前のことだが、あの当時で一生に食べる食品添加物の量が200Kgと教えられた。
80歳生きるとして、年間2.5Kgといわれたものだ。
現代では、6〜8ときいている。
防腐剤だらけの食生活をしているということか。
あやうい生活習慣をしているということだ。

最近出来たのだが、ロゾンピューレ という機器がある。
これが結構優秀な効果を発揮する。
食物や食品の中にある添加物等を分解排除してくれる、優れもなのだ。
今ユースでは、この機器を使って料理教室を実施している。
毎月一回月曜日に実施の予定だ。
次回は、9/7の予定だ。
興味のある方は参加されたし。
無料です。

                          平野大統領
| 環境 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ガイヤの蠢動・・・

異常気象、大規模地震、火山の噴火等々自然災害が多発している。
これは、ガイヤの意識が人類に警告を発しているのだ。
地球は優しいので、まだまだ蠢動ですんでいるが、この警告を無視していると大変なる事態となる。
次は巨大地震やスーパー台風や低気圧の襲来、地殻変動もより激しい巨大噴火のようなものが起こってくる。
たとえば、アメリカのイエローストーンの火山群が噴火すると、一週間で火山灰が地球を覆い隠し、我々活動空間の気温が10度以下になると予測されている。
それが十年ほど続くのだ。
こうなるとまず農業が壊滅し、食糧不足で人類の殆どは飢え死にすることになる。

こういうことが起こらないようにするためには、我々の意識改革が必須となる。
地下資源の搾取による経済活動を、持続可能なエネルギーによるものに変換するべきなのだ。
我々は次世代エネルギーを水素と考えているようだが、この水素の生産は天然ガスや原油でやろうとしている。
まだ地下資源に頼っているのだ。
早く謙虚にならないとガイヤは黙っていない。
蠢動から次の段階に進むのだ。
懲りない人類よ、目覚めよ。

                       平野大統領
| 環境 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
地球が悲鳴を上げています・・・
JUGEMテーマ:日記・一般


燃費の改善をしたり、効率の改善をしても、原油や天然ガスや石炭の使用量は増え続けています。
何故なのでしょう。
我々の文明は、我欲を満たすために、発展するシステムになっているのです。
それもそろそろ限界が来つつあります。
地球が悲鳴を上げています。
この温暖化やそれによる気候の変動は悲鳴そのものなのです。
無視していると、人類の、文明の存続が危うくなるのです。
このままだとガイヤ、地球は人類を害とみなし、抹殺仕様に変化していきます。
足るを知る、我欲の制御が一番求められているのです。
美白や、白い下着や、付けマツゲや、美食など今のレベル以下でも良いじゃないですか。
地球が人類の生息数減少を決意する時期は、もうすぐのところまで来ています。
世界のリーダー達よ、経済成長など言っている場合ではないのです。


                                    平野大統領
 
| 環境 | 09:51 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
山の波動調整が進行中です。・・・
 JUGEMテーマ:日記・一般


全国の有志の皆様のご協力で、山の波動調整が進みつつあります。
熊本の金峰山、四国の剣山、石鎚山、瓶ケ森、兵庫の六甲山、鳥取の大山と完了しました。
今後富士山をはじめ調整を進めていきます。
趣味で山登りをしている方、「イブストーン玉龍」は無償で提供できます。
1000m以上の山の山頂付近か、そり以下でも地方の独立峰でもよいので、協力ください。
山頂に降る雨が、「イブストーン玉龍」の発する超微細エネルギーで変換され、地下に浸透していきます。
そうするとその山体から発する地下水が浄化されるのです。
よろしくご協力ください。


                             平野大統領
| 環境 | 09:44 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
懲りない人類の地球破壊活動・・・
 JUGEMテーマ:日記・一般


懲りてないと言おうか、やっぱりと言おうか、今度は北極海で原油とガスを掘り出そうとしている。
地球温暖化でヨーロッパの氷河は40%も消滅し、北極の氷は30%も解けてしまった。
そうして出来た海に貨物船を運航したり、海底油田ガス田の開発を始めようとしている。
人類はまさに地球資源のただ取りを続行しようと、利権を争っているわけだ。

ガイヤの逆襲は既に始まっている。
福島の原発事故もガイアの警告の一撃だった。
そぞろ原発の起動を目論んでいる一部の人のたぐいを見るにつけ、反省の欠片も持たないようだ。
近々のガイヤの逆襲の予定を書いてみよう。
先ず日本では首都圏直下型の地震の発生、付近の火山の噴火、東海〜南海トラフの蠢動、中国での大地震、北部朝鮮半島の気候変動、ロシアの火山噴火、大規模森林火災の発生、ヨーロッパの大規模気候変動、北米大陸の大地震と森林火災の発生と続く。
新型インフルエンザの猛威も間近に迫っている。
海面上昇も沿岸都市の脅威となる。
大規模気候変動は、食料生産にも影響を与える。
知られざる海洋汚染は、水産資源の枯渇にも影響しそうだ。
人類を飢えさせる事もガイヤ逆襲のひとつだ。
真水の確保さえ困窮するだろう。

人類は人間となり人になるよう進化する事が大切だ。


                              平野大統領
| 環境 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
四月に福島、三陸へ行きます。・・・
JUGEMテーマ:日記・一般



河川の波動調整も最終段階を迎えています。
今回は、三陸の中小の河川と北上川、宮城県の中小河川、福島県の中小河川、茨城県の中小河川の波動調整を行います。
特に福島の原発事故による海の汚染は凄まじく、この海域に流れ込む河川の上流に、元気水再生器を投入していきたいと思っている。
四月中旬には実行の予定です。


                          平野大統領
 
| 環境 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
宮城県より南側の河川波動調整は完了した・・・
JUGEMテーマ:日記・一般



思わぬ速さで、波動調整が完了した。
今後この地域のエネルギー変革が穏やかなる物になるよう、期待したい。
今後だが、四月末までに三陸海岸、福島県浜通りの大小の河川の波動を調整したい。
福島県は原発の放射能の流れ出ているところだ。
集中的に調和を図りたいと思っている。


                           平野大統領
 
| 環境 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
元気水再生器による河川の浄化活動・・・
JUGEMテーマ:日記・一般



元気水再生器による河川の水の波動調整が、本日東北地方まで完了した。
今回は、濃尾平野の揖斐川、木曽川、東に移動して、豊川、天竜川、大井川、富士川、相模川、多摩川、荒川、利根川、那珂川、阿武隈川と調整を行った。
この川から太平洋側へ流れ出る水は、高い愛の波動をもち、地場のエネルギーを浄化させるものと期待したい。
残りの九州の宮崎地方、紀伊半島を早急に廻りたい。
河村君、龍源さんありがとう。


                            平野大統領
 
| 環境 | 11:51 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ガイアの逆襲・・・
JUGEMテーマ:日記・一般

地球温暖化の効果が、じわりと人類に影響を与えつつある。
海水温の上昇による水産物の生産減、気候変動による農業生産の減少と、人類の食糧危機に拍車をかける状況だ。
今回の激しい雨による被害など年々激しさの度合いが増加の傾向にある。
人類の指導者達は、CO2の世界的な削減で対応しようとしているが、効果は?だ。
なおかつ、経済成長を目指しているわけで、矛盾もある。

でも今回の温暖化はガイアによる、人類の生息数の制限作用にほかならない。
地球を破壊し続ける人類の活動を大幅に制限しようとするものだ。
食糧事情の悪化、水の汚染や不足、大災害と、その効果が世界中で現れている。
これが今の現実なのだ。
さらに、新型のウイルスによる人類の駆逐も始まっている。
人類は色々な対策を立てているが、これも効果は?なのだ。

最策は無い。
有るとすれば、経済活動の大幅な減速しかないだろう。
しかし、これは不可能なことなのだ。
国家の利害が優先するという人類の欲望が強いからだ。
この欲望の制御が放置されている。
このことに真剣に取り組まないと、まさに人類は砂上の楼閣に住んでいると言うわけだ。
意識の変革、一人一人の意識変革は微々たるものだが、これがポイントなのだ。
もう少し、痛めつけられないと気付かないかもしれない。
状況の変化を待つしかないだろう。
それでも、ガイアの逆襲は止まらないのだ。

                                          平野大統領


| 環境 | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
RECENT COMMENT
ARCHIVES
OTHERS
カワイイ☆ブログランキング
無料ブログ作成サービス JUGEM