大統領の談話室

四国は道後の辺境にある、松山ユースホステル共和国大統領のお話。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
今市シェアハウス
格安長期滞在!今市シェアハウス
城下町の下宿屋さん♪今市シェアハウス
入居者募集中!!

松山ユースが運営する、格安長期滞在に
最適のシェアハウス。
松山市道後今市にあり、伊予鉄南町電停
から徒歩5分。道後温泉にも松山観光にも
便利な立地です。
愛媛大学・松山大学にも通いやすいですよ!

平野大統領とPS250

まさに問答無用!の「問答無用椅子」

夢のツリーハウス
RECOMMEND
続・未来からの警告(ジュセリーノ予言集2)
続・未来からの警告(ジュセリーノ予言集2) (JUGEMレビュー »)
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース,サンドラ・マイア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
サイレント・パワー―静かなるカリスマ
サイレント・パワー―静かなるカリスマ (JUGEMレビュー »)
スチュワート・ワイルド, 石井 裕之, 橋川 硬児
RECOMMEND
RECOMMEND
たまごとにわとりとプロペラひこうき
たまごとにわとりとプロペラひこうき (JUGEMレビュー »)
山田 耕栄, Peter Horstmann, Marina Horstmann, マリナ ホーストマン, ピーター ホーストマン
RECOMMEND
たまごとにわとりとプロペラひこうき
たまごとにわとりとプロペラひこうき (JUGEMレビュー »)
山田 耕榮, Peter Horstmann, Marina Horstmann, マリナ ホーストマン, ピーター ホーストマン
RECOMMEND
なまけ者のさとり方 PHP文庫
なまけ者のさとり方 PHP文庫 (JUGEMレビュー »)
タデウス・ゴラス, 山川 紘矢, 山川 亜希子
RECOMMEND
神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について
神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
RECOMMEND
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
言霊の威力を知りなさい・・・
 JUGEMテーマ:日記・一般


地球に最初に降り立った我々を創造した高次元の存在がいた。
今から約3000万年くらい前のことだ。
降り立った場所は、今で言う千葉県の鋸山だ。
そこから今の人類の進化がスタートしたのだ。
その存在たちは、50〜51音のあいうえおの言葉を使っていた。
今我々が使っている日本語、いわゆる「大和言葉」のことだ。
この言葉の特色は、50音の言葉一つ一つにエネルギーが在ることだ。
林秀臣氏の「大和言葉音義表」を調べていただきたい。
大和言葉のエネルギーは以下のようなものだ。
「願望を映像化して実現させる」だ。
この原理で、高次元の存在たちは、想いを実現させたのだ。
この原理は今でも生きている。
ただ残念なのは、現代人の大多数はこの言葉の使い方を忘れてしまっているのだ。
今この言霊の威力があるのは、地球上で日本語だけなのだ。
この言霊の力を利用すると、健康上の問題、経済上の問題、人間関係の問題は、簡単に解消するのだ。
幼児期から子供たちに、英語教育などしている親たちの無知には驚くしかない。
小学校から英語教育を導入している文科省も何にも解っていないのだ。
おろかなるお役人たちの無能さが見えてくるというものだ。
大和言葉の恩恵を取り入れた人生を送りたいものだ。


                            平野大統領

| 遠い歴史 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
太陽系と12番目の惑星
JUGEMテーマ:日記・一般

古代古文書の最たるものは、メソポタミア文明の粘土板だろう。
そこには、我々の知らない驚愕の事実が書いてある。
現代歴史家達の大部分は、この粘土板の内容を信用していないようだ。
しかし、パレスチナ生まれの言語学者で考古学者の、ゼカリヤ・シッチンがこの粘土板の解読に成功したのだ。
我々はようやく有史以前の情報を手に入れた。
シッチン氏のおかげで人類の成り立ちが解明されようとしているわけだ。
我々が住むこの太陽系には、九つの惑星と太陽と月のほかに「12番目の惑星」が存在するという。
この惑星の公転周期は3600年で、離心率も大きく、現在は太陽から大きく離れている。
次に太陽に接近するのは、今より1000年以上未来の紀元3300年頃と思われているものだ。
現代の常識的な呼び方では、「第10の惑星」または「惑星X」と言っている。
この惑星に住む身長5mくらいの人々が、我々地球人を創ったらしいのだ。
どうも天皇家の子孫らしい。
今日はこの辺で

                          平野大統領



| 遠い歴史 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
人類は何処から来たのか?
JUGEMテーマ:日記・一般

歴史とはなんだろうか。
我々の歴史は、物証に支えられている。
だから如何遡っても、6000年くらいまでで痕跡が消えてしまうのだ。
その後は、化石が物証となる。
そうすると100万年くらい前の歴史になるのだ。
我々が学んできた歴史は、この間が跳んでいることになる。
20万年前とも30万年前とも言われている、我々人類の起源が語られていない。
類人猿がネアンデルタール人へ更にクロマニヨン人への変遷が明確でないのだ。
これらの事を少し語りたいと思う。
今日はこの辺で

                          平野大統領
| 遠い歴史 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
RECENT COMMENT
ARCHIVES
OTHERS
カワイイ☆ブログランキング
無料ブログ作成サービス JUGEM