大統領の談話室

四国は道後の辺境にある、松山ユースホステル共和国大統領のお話。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
今市シェアハウス
格安長期滞在!今市シェアハウス
城下町の下宿屋さん♪今市シェアハウス
入居者募集中!!

松山ユースが運営する、格安長期滞在に
最適のシェアハウス。
松山市道後今市にあり、伊予鉄南町電停
から徒歩5分。道後温泉にも松山観光にも
便利な立地です。
愛媛大学・松山大学にも通いやすいですよ!

平野大統領とPS250

まさに問答無用!の「問答無用椅子」

夢のツリーハウス
RECOMMEND
続・未来からの警告(ジュセリーノ予言集2)
続・未来からの警告(ジュセリーノ予言集2) (JUGEMレビュー »)
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース,サンドラ・マイア
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
サイレント・パワー―静かなるカリスマ
サイレント・パワー―静かなるカリスマ (JUGEMレビュー »)
スチュワート・ワイルド, 石井 裕之, 橋川 硬児
RECOMMEND
RECOMMEND
たまごとにわとりとプロペラひこうき
たまごとにわとりとプロペラひこうき (JUGEMレビュー »)
山田 耕栄, Peter Horstmann, Marina Horstmann, マリナ ホーストマン, ピーター ホーストマン
RECOMMEND
たまごとにわとりとプロペラひこうき
たまごとにわとりとプロペラひこうき (JUGEMレビュー »)
山田 耕榮, Peter Horstmann, Marina Horstmann, マリナ ホーストマン, ピーター ホーストマン
RECOMMEND
なまけ者のさとり方 PHP文庫
なまけ者のさとり方 PHP文庫 (JUGEMレビュー »)
タデウス・ゴラス, 山川 紘矢, 山川 亜希子
RECOMMEND
神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について
神との対話 普及版〈1〉個人的な真実について (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
RECOMMEND
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ, Neale Donald Walsch, 吉田 利子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
久々の雨です。
 昨夜からの雨が今も降っています。暖かい雨です。ユースから見える林の木々も、なんとなく春の息吹を漂わせて見えます。完成したツリーハウスもしっとりと水分を含み、静なたたずまいを見せています。しかし、大雪に見舞われている北国の皆さんは、この暖かい雨で雪崩や洪水の心配をしなくてはなりません。ご無事を祈るばかりです。

 さて、穏やかな気持ちで周囲を見て見ますと、実に色々なことが見えますし、感じることもできます。それらを丁寧に体内に取り込んでいると、時間の緩やかな流れを感じます。景色が美しく見えます。すがすがしい空気を感じます。雨もいいなぁーと思っています。暖炉の前でうとうとしています。・・・・

                            平野大統領
| 松山のこと | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
お遍路の季節近づく
 本日の四国路は、愛媛県松山市ですが、穏やかに晴れて暖かい気候です。お遍路さんに渡すパンフレットを、バイクで配ってきたところです。年末年始の寒波は、四国路の山間部で大雪をもたらし、平野部も厳しい寒さになりました。それがようやく抜けて、まだ北の地方は厳冬が続いているので申し訳ないのですが、今後暖かくなる気象情報が出ており、二月に入ると歩き遍路の方がちらほら見えるようになります。三月・四月・五月は、歩き遍路さんの季節となります。

 四国路の春はお遍路さんが運んでくるといわれています。鈴の音と共に春の花が咲く遍路道を歩く姿は絵になり、今年も春がきたなぁーという感慨と共に幸せな気持ちになります。今年は、遍路ネットワークを組む最初の年となります。お遍路さんのよい宿となるよう励みたいと思っているところです。

                            平野大統領
| 松山のこと | 18:24 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
政策の話/商店街の活性化について
 地元の商店街が寂れ出して、もう何年にもなる。いまだ解決策が無い状態が続いている。しかし、いろいろな人が、専門化が、政治家が適切な提案をしているのも事実だ。しかも、実践して活況を呈しているところもあると聞く。


 さて、松山市の大街道商店街と銀天街商店街も、年々通行量が減少し続けており、かつては一日12万人もいたが、今はその半分以下になっている。街に魅力が無くなったかと言えば、そうではない。結構面白い街だし、雰囲気もある。路面電車の大街道一番町電停から市駅までの、1kmのL字形の商店街で、松山市のシンボルとしての存在なのだ。衰退の原因は、駐車場が完備された、郊外の大型店が一番影響している。がしかし、街の雰囲気は大街道銀天街がはるかに上だ。


 そうすると、活性化の第1は、人が集まる場所にすること、日常に人が集まる機能を備えた施設を作ることにある。それが病院であり、大学であり、高齢者施設であり、大きなデパートであり、ホテルであり、役所でもある。これらの施設を取り込むと人が集まってくる訳だ。もちろん低料金の駐車場は必須のものだ。


 元県議の俊成先生は、大街道銀天街の周辺に、クリニックつきの高齢者対象のマンションを沢山造る提案をされている。そうして、アーケードの上を駐車場にするというのだ。先生曰く、お年寄りを山奥に集めてはいけない。便利のよい街中に置けば、おしゃれもするし、ロマンスも生まれるし、何よりも買い物をしてくれるし、夜の街にも繰り出してくれる。家族が集まってきだす。街が活気付くと。


 私も同感だ。JR駅前の再開発も停滞しているが、この際、県庁を移転してはどうか。県民は相当便利になるはずだ。ついでに日赤も持ってくるとよい。今の日赤病院付近の混雑はなんだ。跡地は、愛大に売ればよい。県庁跡地は、別の施設にリメイクすればよい。今がチャンスだと思う。


 名前は忘れたが、街活性化の提案をしている専門家が、以下のことをラジオで言っていた。大阪は、大学が周辺に移転した。東京は、環状線の内側に多くの大学がある。どちらが活気があるか?


この言葉が記憶に残っている。今日はこの辺で

                            平野大統領


 
| 松山のこと | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
田舎の大都会松山の魅力
 松山は田舎の大都会だ。飛行場、フェリー港、漁港、JR駅、伊予鉄道の郊外線と路面電車の線、路面は環状線もある、市駅の地下街、アーケードの銀天街と大街道商店街、愛媛大学、松山大学、東雲大学、聖カタリナ大学、四国八十八箇所の札所が八つ、松山城、道後温泉、北京町の繁華街、石手川と重信川、石手川ダム、日浦の段々畑、西瀬戸に浮かぶ島々等々典型的都市機能の集約がある。
 ユースも三軒ある。それぞれ個性的な運営だ。名所旧跡も色々在る。色々な仕掛けでお待ちしています。ぜひ一度起こしください。
                               平野大統領
| 松山のこと | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
松山観光の魅力
 松山観光の魅力は一般的に言うと「いで湯」と「城」と「文学」のまちとなる。いで湯は有名な道後温泉、城は松山城、文学は俳句の正岡子規と小説坊ちゃんの夏目漱石である。これらに関する観光施設はかなり充実している。最近は、司馬遼太郎氏の小説「坂之上の雲」の登場人物の秋山兄弟を紹介した「秋山記念館」なる施設も出来上がった。そのほか「かすり会館」や「四国八十八箇所の札所のお寺」等色々ある。これらはパンフレットやお勧めの観光コースとして、多数のルートに紹介されており、人気を博しているところである。
 が私は、もう一つの見方で、松山観光の魅力を紹介したい。それは、松山の都市機能を体験する歩き方だ。日本全国には、東京などの巨大都市がありそれぞれが機能しているが、あまりにも広すぎて、一回や二回の訪問では中々理解しきれない広さと言うか巨大さの壁があるように思える。ところが松山は、規模は例えば関東の都市の四十分の一だが、機能としては全てそろっている典型的な中核都市と言える。いわば「田舎の大都会」とでもいえようか、最近合併し人口も50万人になった。歩くには手ごろな都市だ。
 さて、松山は四国の西北部に位置し、東に石鎚山系西は瀬戸内海に接し、風光明媚、食べ物がおいしく、物価が安く、災害の少ない大変住みやすいところだ。そのせいかのんびりとした気質が基調で個性が無いと言おうか、優柔不断といおうか、まあ適当に暮らせるところである。私は大好きな土地である。
 街の真ん中に標高150mの山の上に松山城が位置し、その周りをまわる路面電車の環状線がある。イヨテツという昔からあるローカル鉄道会社が運行しており、この東の端が道後温泉駅だ。このイヨテツはこの地方では、結構力からあり本社を中心に路面電車、郊外電車、バスを運行している。松山市駅と言うところにあり、松山の交通の中心になっている。ここには大きなデパートもあり、地下街もある。たいがいの地方都市は、JR駅を中心に栄えているが、JR松山駅は全国の県庁所在地にある駅としては、一番みすぼらしい。来てみると良く分かる。
 さて、市の中心から車で20分のところに松山空港がある。港は、漁港でもある三津浜港、松山港、堀江港とあり、京阪神、九州、広島へのフェリー発着港としての機能を果たしている。興居島(ごごしま)や惣那七島(くつなしちとう)行きのローカルのフェリー港もある。臨海の工場地帯もあり、高速道路のインターもあり、環状の道路もあり、川も石手川、重信川とあり、たまに水不足があるが、都市見学としてはぴったりだ。もちろんアーケードの商店街もあり、北京町と言う巨大な(?)
歓楽街もある。大学だって四つもある。ユースホステルだって三つもある。のんびりするにはすごくいいところだ。
 四国は特に愛媛は、日本の中で最後に行くところらしい。そのせいか色々な企画をしても中々当たらないが、昔の人が言ってる如く「残り物に福あり」が本当のところかもしれない。ではまた
                            平野大統領


 
 
| 松山のこと | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
RECENT COMMENT
ARCHIVES
OTHERS
カワイイ☆ブログランキング
無料ブログ作成サービス JUGEM